バイオペーストⅡ 新健康習慣!口腔内ケア

お口のケアを見直してみませんか?

  • 歯の汚れが落ちにくい
  • はや歯ぐきが痛みやすい
  • 歯石や歯垢が付きやすい
  • いつも口臭が気になる

高まる口腔内ケア

アメリカにはじまった歯科の研究では、「口腔内細菌が、全身の健康状態におおきく関係している」ことが話題を呼んでいます。

細菌が口腔内の血管から体内に入り込むことで、様々な生活習慣病の原因にもなっているとして「歯科内科学会」が設立されました。

そして、口腔内のケアがとても重要だという認識が日本でも急速に広がってきています。

決め手になるのは良質な歯磨き剤

歯科医院へは、虫歯になった時だけ通う人や、定期的に通って予防する人など様々ですが、口腔内細菌は、1日歯を磨かないだけでも、飽和状態になるほど繁殖が早いため、毎日のセルフケアが重要です。

そして、そこで使われる歯磨き剤の性能こそが、その人の口腔内の環境と健康に大きな影響を与えます。

毎日だからこそ安全性

口の中では舌下呼吸や経皮呼吸により、飲み込まなくても体内へ吸収が少しずつ行われます。

おおくの歯磨き剤は、口中の浄化を促進するために石油系の界面活性剤や化学製品が使用されていますが、本来、毎日のケアには食品と同等の安全性も必要です。

新健康習慣!口腔内ケアがあなたの健康を守る。

口腔内の細菌が体内に入り込むことにより、最近の予防学では脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・認知症までも引き起こすと言われています。

バイオペーストの特徴

歯磨き粉を超えた口腔内をケアするバイオペーストの特徴

  • 強アルカリ性で、菌を不活性化し増殖させません。
  • 全成分天然由来で食品レベルの安全性。
  • 優れた洗浄力で歯に沈着した色素を取り除く。
  • 歯周病菌・カンジタ菌に対し、殺菌と抗菌作用。
  • インフルエンザ・ノロウィルスを不活化。
  • 研磨剤・界面活性剤不使用。
  • 口内をアルカリ性に保ち歯がとける酸蝕歯を予防。
  • 高い還元力で口臭予防と歯垢の再付着防止。
  • マウスウォッシュとしても使用できる。

歯磨き剤は口腔内の環境と健康に大きな影響を与える

皮膚から入った毒(経皮毒)は9割体内に残ると言われ、特に注意が必要なのは、歯磨き剤。

あなたの歯磨き剤は安全ですか?

これからの歯磨き剤に必要な条件を全て満たしたバイオペースト

  1. 安全性…毎日の口腔内ケアには、食べても大丈夫な程の安全性が必要
  2. 高い洗浄力…安全でも高い洗浄力を持ち、細菌と真菌の両方への殺菌効果・抗菌効果が必要
  3. PH調整…口腔内を中性かアルカリに保ち、エナメル質の損傷を防ぐ
  4. 還元力…還元力で口腔内の酸化臭と最近の繁殖を抑える

バイオペーストは電動歯ブラシにも使えます

効能効果

●ムシ歯を防ぐ

●歯を白くする

●歯垢を除去する

●口中を浄化する

●口臭を防ぐ

 

天然原料を配合している為、中身の色や香りが若干変わる事がありますが、

品質に問題ありません。

植物エキス✳︎、ポリリン酸Na(清掃助剤)配合のジェルでブラッシングする事で

白い歯に導きます。

✳︎アロエベラ葉エキス(保湿剤)、ローズマリー葉エキス(保湿剤)、

グリチルリチン酸2K(矯味剤)(甘草抽出物)

販売名:バイオペースト【ハミガキ】

内容量:60g ¥1,680(税別)

 

●全成分

水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、エタノール(溶剤)、

セルロースガム(粘度調整剤)、ミネラル塩(矯味剤)、メントール(清涼剤)、

海塩(矯味剤)、ステビアエキス(矯味剤)、グレープフルーツ種子エキス(矯味剤)、

ポリリン酸Na(清掃助剤)、炭酸水素Na(清掃剤)、アロエベラ葉エキス(保湿剤)、

ローズマリー葉エキス(保湿剤)、グリチルリチン酸2K(矯味剤)、

ヒノキチオール(矯味剤)、銅クロロフィリンNa(着色剤)、BG(溶剤)、

セイヨウハッカ油(香味剤)

 

●ご使用方法

適量を歯ブラシにとり、歯と歯ぐきを丁寧にブラッシングしてください。

使用上の注意

発疹・かゆみなどの症状があらわれた場合は使用を中止し、医師にご相談ください。

ご使用後は必ずしっかりとキャップをしめてください。

3本セットで10%off

 

インフルエンザ、ノロウィルスを不活性化

「pH10以上」の強アルカリ性

一般に、多くの細菌の増殖範囲はPH6.5~8.0であり、PH9.0以上になると不活性化し、増殖できない。

 

「約マイナス200mv」の高い還元力

たとえ、強く酸化した口腔内でも、歯磨き直後には、酸化還元電位がゼロ近辺にまで還元される。そのため、酸化が原因で生じる悪臭も、緩和することができる。 また、イオンバリアの働きで、歯垢や歯石の再付着を防ぐ。さらに、 酸化環境で繁殖の勢いを増す、歯周病菌やカンジタ菌などの悪玉菌の繁殖環境を改善する。

 

インフルエンザの予防に有効

専門機関でA型インフルエンザウイルスとノロウイルスについても、不活化の試験を実施中。バイオペーストで口腔内細菌のケアを継続すると、インフルエンザを発症しにくくなる。

A 型インフルエンザウイルス不活化試験

試験目的

試験委託者から提供された被物質「歯磨きペーストタイプ」についてのウイルス不活化作用の評価を目的と した。本試験では「A 型インフルエンザウイルス」を試験対象とした。 

A 型インフルエンザウイルス不活化試験 バイオペースト
A 型インフルエンザウイルス不活化試験

試験結果

被験物質「歯磨きペーストタイプ」は A 型イン フルエンザウイルスに対して、5 分間並びに 30 分間の処理によって、本試験系の検出限界以下 にまで感染性ウイルス力価を低減させることが 確認された。※歯磨きペーストタイプは「バイオペースト

A 型インフルエンザウイルス不活化試験 バイオペースト

ノロウイルス(ネコカリシウイルス)不活化試験

試験目的

試験委託者から提供された被物質「歯磨きペーストタイプ」についてのウイルス不活化作用の評価を目的と した。本試験では「ネコカリシウイルス」を試験対象とした。

ノロウイルス(ネコカリシウイルス)不活化試験 バイオペースト
ノロウイルス(ネコカリシウイルス)不活化試験

試験結果

被験物質「歯磨きペーストタイプ」はネコカリ シウイルスに対して、5 分間並びに 30 分間の 処理によって、本試験系の検出限界以下にまで 感染性ウイルス力価を低減させることが確認 された。※歯磨きペーストタイプは「バイオペースト

ロウイルス(ネコカリシウイルス)不活化試験 バイオペースト

バイオペースト殺菌試験

バイオペースト殺菌試験
バイオペースト殺菌試験

「殺菌試験」結果解説 バイオペーストを2倍希釈にて実施

  • ジンジバリス菌(歯周病菌) 1分後に5%に減少、3分後以降は検出せず
  • カンジタ菌(カビ菌) 1 分後に 20%に減少、3 分後に約 1%に減少、5 分後に約 0.05%に減少 

バイオペースト抗菌試験

バイオペースト抗菌試験
バイオペースト抗菌試験

「抗菌試験」結果解説 (試験期間二日間)

  • ジンジバリス菌(歯周病菌)については、10倍希釈でも抗菌効果が認められた
  • カンジタ菌(カビ菌)については、2倍希釈まで抗菌効果が認められた

※ バイオペーストは医薬部外品ではありません。上記の試験は人への効果効能を表するものではありません。

バイオペーストの全成分説明

全成分天然由来 {研磨剤・界面活性剤・鉱物油由来成分・旧指定成分・フッ素}不使用

  • (溶剤 )イオン交換処理を行い、不純物を取り除いた水を使用。
  • グリセリン( 湿潤剤) 菜種由来。歯磨きのベースとなる原料の一つ。口腔内の保湿にも効果。
  • セルロースガム (粘度調整剤) 植物繊維(パルプ)が由来。食品、化粧品、医薬品等の増粘剤として使用。
  • ミネラル塩 (矯味剤 )ユタ州ソルトレイクの塩湖より採取した天然ミネラル。
  • キシリトール (甘味剤 )むし歯を防ぐ甘味料。唾液の分泌を促すことで、むし歯の原因となる歯垢をつきにくくし、歯の再石灰化を促します。ミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。
  • 含水シリカ (清掃剤) シリカは多孔質で、汚れや匂いを化学的に吸着する作用が有る。また、微粉末シリカを使用しているため、エナメル質を傷つけずコーティングし、優しく汚れを落とします。
  • メントール (清涼剤) 歯磨剤に清涼感を付与し、口臭の防止のために配合。食品や医療品、化粧品分野で広く用いられている植物のハッカ(薄荷)が由来。
  • 海塩 (矯味剤) 海塩にはミネラル分が多く含まれ、歯茎の血行促進、引き締め効果があります。
  • ステビア葉/茎エキス (矯味剤 )植物のステビアが由来です。味の調整の他、虫歯菌の抑制作用にも効果があります。
  • グレープフルーツ種子エキス( 矯味剤) 天然の防腐剤として食品や台所回りの抗菌・洗浄剤等にも使用。グレープフルーツの種子から抽出したエキスです。
  • 三リン酸5Na (清掃助剤 )ポリリン酸Naともよばれ、加工食品(ハム・かまぼこ等)に広く使用される原料。口腔内では、コーヒー、お茶、ヤニ等の汚れを浮かせる効果があり、医薬部外品の有効成分としても歯石の沈着を落とす効果があります。成分はリン酸と水酸化ナトリウム
  • 炭酸水素Na (清掃剤) 「重曹」として食品にも使用。歯磨きに使用すると歯の汚れを落とす効果が有ります。
  • アロエエキス (保湿剤) 昔から民間療法でも使用され、食品、化粧品、医薬品に広く使用。消炎効果、保湿効果があり、口腔内の潤いを保ち、炎症を抑える効果が有ります。
  • ローズマリー葉エキス 保湿剤 )シソ科の植物であるマンネンロウの葉から抽出したエキス。アロマや食品でも広く使用されています。抗菌、防腐、抗酸化作用があるとされ、化粧品で重宝される成分です。
  • グリチルリチン酸2K (矯味剤) 植物の甘草から抽出。漢方薬や化粧品でも広く使用されています。医薬部外品では歯周炎(歯槽膿漏)の予防、歯肉炎の予防、口臭の防止が効果として認められています。
  • ヒノキチオール (矯味剤) 植物のヒノキから抽出した精油に多く含まれる天然の抗菌成分。少量で歯周病の原因菌やカンジダ菌に対する効果を発揮します。食品添加物としても使用されています。
  • (クロロフィリン/銅)複合体 (着色剤) 植物の持つ葉緑素(クロロフィル)に由来する緑色の成分です。食品添加物にも着色目的で使用されますが、消臭効果がり、歯磨きには口臭防止に配合されます。
  • セイヨウハッカ油 (香味剤 )植物のハッカ(薄荷)が由来です。ハッカの地上部を水蒸気蒸留して得られた精油を冷却して粗ハッカ脳を析出させた後、更に精製してメントール含量を調製したものがハッカ油であり、粗ハッカ脳 を更に再結晶等により精製したものがメントールです。
  • エタノール (溶剤) メントールを溶解させる用途に使用します。

ペッパー君 バイオペーストの説明

販売元

株式会社アルラ

京都府相楽郡華町桜ヶ丘1-17-1

電話0774-71-8833

 

製造販売元

株式会社ソーシン

東京都清瀬市松山1-13-23 

清瀬太陽ビル

 

made in JAPAN