知っておきたい、ノンシリコンシャンプーの選び方2


シャンプーは基本的に水と洗浄成分(界面活性剤)でできています。


成分表を見ると、水の次に書かれているのが洗浄成分(界面活性剤)です。


シャンプーの良い悪いは洗浄成分(界面活性剤)に大きく左右されるので、ここを見てシャンプーを選ぶといいです。


この写真は、ボディソープの成分表です。



界面活性剤の種類

洗浄成分(界面活性剤)は大きく別けると、3つに分類されます。


1、高級アルコール系(ラウレス、ラウレル)

2、アミノ酸系(ココイル)

3、石けん系(オレイン酸)


シャンプーとしておすすめなのが、2のアミノ酸系の界面活性剤です。


成分表の水の次にココイル~と書かれているものを選びましょう。


あとは、前回も説明したとおり、目的にあった成分が配合されている物を選んでください。

関連ページ

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事

最新記事

LINE登録

友だち追加数

スポンサード リンク