知っておきたい、ノンシリコンシャンプーの選び方1


市販のシャンプーがすべてダメで、美容室のシャンプーがすべていいというわけではありません。


高ければいいシャンプーというわけでもありません。


髪、頭皮に良い成分、悪い成分を知っておけばシャンプーを選ぶ基準になります。


とりあえず、成分表に「ラウリル」、「硫酸」と入ってる石油系の界面活性剤を避けるだけでも、かなり絞られてくると思います。



万能なシャンプーはありません。

 

どこに重点を置くかもポイントになります。

 

1、頭皮(フケ、カユミ、育毛)

2、髪の痛み(パーマ、カラー)

3、エイジングケア(加齢によるハリ、コシ、クセ)

 

それぞれ有効な成分が違うので、効果的な成分が含まれているシャンプーが必要です。

 


関連ページ

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事

DIVAブログ最新記事

LINE登録

友だち追加数

スポンサード リンク