ヘアカラーの種類、違い Ⅳ

 

3、ヘナ

 

ヘナの良いところは、基本的に天然成分で作られているので、安心ということでしょう。

 

ヘナの場合は、自宅でも安全に染めることができると思いますが、ジアミンの混合されたヘナも出回っているようなので、気をつけてください。

 

100%ヘナでは、オレンジ系にしか染まりません。

 

それ以外に染まる場合は何かが混合されている可能性があります。

スポンサード リンク

白髪30%に100%ヘナで染めた場合
白髪30%に100%ヘナで染めた場合

白髪30%に100%ヘナで染めた場合、こんな感じに染まります。


黒髪は、ほとんど変化ありません。


ヘナは日本の薬事法上、雑貨として扱われていましたが、平成13年4月より、化粧品として取り扱われるようになり、薬局などで、比較的簡単に手に入れやすくなりました。

DIVAでは、わざわざサロンでヘナを使って染めるメリットが、見出せなかったので取り扱っておりません。


アルカリカラーに被れる方、肌が弱い方には、ヘアマニキュアをおすすめしております。

スポンサード リンク

関連記事

関連記事

最新記事

スポンサード リンク