ヘアカラーの種類、違い Ⅲ

 

2、酸性カラー(ヘアマニキュア)

 

ヘアマニキュアは髪の表面に色素をイオン吸着させて、髪の毛に色を付けます。

 

髪にハリ、ツヤが出て、紫外線からも守ってくれます。

スポンサード リンク

いいことだらけのヘアマニキュアのようですが、悪い所もあります。


1、自毛のトーンが変わらないので、明るくはなりません。

黒髪の部分は光にあたるとほんのり色が見える程度です。


2、頭皮に着くと取れにくい。

頭皮に着かないように塗布するため、根元が数ミリ染まりません。


3、色持ちが悪い。

髪の表面に吸着させるだけなので、シャンプーの度に少しずつ色が落ちてきます。

スポンサード リンク

関連ページ

関連記事

関連記事

最新記事

スポンサード リンク