ヘアカラーの種類、違い Ⅱ

福岡,平尾,美容室,ティートリコ着付け,縮毛,グランパーム,ホームカラー
ホームカラー成分

 

アルカリカラー(薬剤)でサロンカラーとホームカラーの最大の違いは、残留アルカリにあります。

 

残留アルカリが多いと、褪色(色落ち)、タンパク質の流出に繋がります。

 

サロンカラーは揮発性の高いアンモニアを使っているのに対して、ホームカラーは揮発しにくいモノエタノールアミン(MEA)などを使っています。

スポンサード リンク

なぜ、ホームカラーはモノエタノールアミン(MEA)などを使っているかと言うと、安価で臭いを抑えて、扱いやすい為です。


サロンカラーでも全く傷まないと言う訳ではありませんが、ホームカラーの場合、アルカリ状態が約1週間ほど続く(サロンカラーは24時間ほど)ので、リスクが大きいと思ってください。


特に、パーマ、縮毛矯正をされている方はホームカラーは避けられた方がいいと思います。


DIVAでは、縮毛矯正をされているお客様には、酸性カラー(マニキュア)をお勧めしております。

スポンサード リンク

関連記事

関連記事

最新記事

スポンサード リンク