ヘアカラーの種類、違い Ⅰ

 

大きく分けると3種類のヘアカラーの方法があります。

 

1、ヘアカラー(アルカリカラー)

 

2、ヘアマニキュア(酸性カラー)

 

3、ヘナ

スポンサード リンク

ヘアカラー(アルカリカラー)

基本的に2種類の薬剤を混ぜ合わせて、化学反応させて使用します。


1剤には主に染料とアルカリ剤、2剤には過酸化水素水が含まれています。


アルカリ剤が髪の表面のキューティクルを開き内部まで浸透させていきます。


過酸化水素水で髪の色素を分解し、脱色したところにアルカリ剤が化学反応し酸化することにより、発色させます。


黒髪から明るい髪へと自在に変えることができます。


白髪染め、オシャレ染めも基本的には同じです。


サロンでは過酸化水素の濃度、発色の色の違いによって白髪染め、オシャレ染めと分けています。

スポンサード リンク

関連記事

関連記事

関連記事

最新記事

スポンサード リンク