和服の時に着崩れないコツは前屈しないこと


和服の時、着崩れしないコツは前屈みをしないことです。


着物を支えているのは、おなかから腰のあたりを締めている腰紐です。


前屈みになることで、腰紐がずれてしまうと着物全体が着崩れる原因となります。

スポンサード リンク

なるべく前屈みしないようにするには、物を拾う時は上体は曲げず膝の屈伸を利用して体をおろすようにしましょう。


畳などで正座する時は、片足を少しひいて、両膝を折り曲げゆっくり片膝ずつ畳につけるように座りましょう。


どうしても上体を曲げないければいけない時は、股関節を曲げるように意識すると良いです。

スポンサード リンク


関連記事

関連記事