フケ、かゆみを抑える方法

フケ、かゆみは頭皮からの警告です。

放っておくと頭皮が炎症を起こし、抜け毛・薄毛の原因にもなります。

フケとは、頭皮の角質細胞の代謝サイクルがターンオーバーして頭皮から剥がれ落ちたものです。

これは健康な頭皮でも起こります。

正常な時のフケは肉眼では見えない大きさなので、気になりません。

しかし、異常な状態になると、フケは大きくなり目立つようになります。

 

では、どのような原因で異常な状態になるのでしょう。

  • 脱脂力の強いシャンプーの継続使用。
  • シャンプーの時、爪を立てて洗ったりして頭皮を傷つける。
  • すすぎが悪く、シャンプーが頭皮に残ってしまってる。
  • 過度のパーマ、カラーによる頭皮への刺激
  • 睡眠不足、疲労、ストレスによる体調不良。
  • 食生活の偏り。
  • 頭皮を不潔にしている。
  • 真菌(カビ)の感染

スポンサード リンク

平尾,ヘアーメイク,DIVA,美容室

フケの種類

フケには「乾性」「脂性」があります。

 

乾性フケは皮脂の分泌が悪いために、頭皮も乾燥して粉状になっています。

 

脂性は脂を含んだしっとりとしたフケで、頭皮の皮脂腺が多いだけでなく、皮脂の分泌異常によっても起こります。

 

DIVAでは脂性のフケが出る場合は、スキャルプ系のシャンプー

乾性のフケの場合は、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーをおすすめします。

 


かゆみの原因

かゆみの原因として

  • 頭皮を不潔にしていることで、細菌が繁殖した時
  • 頭皮の洗いすぎで皮脂が不足して乾燥してしまった時
  • シャンプーの時、爪を立てて洗ったりして頭皮を傷つけてしまい、化膿した場合
  • パーマ、カラー剤が合っていないための刺激による皮膚炎
  • シラミなどによる感染症

 

かゆみの対処法

「いずれおさまるだろう」と放っておくと、抜け毛の原因になったり、頭皮を傷める原因にもなるので、早めの対処が必要です。

 

  1. シャンプーを見直してみる
  2. 髪を洗ったあとは、雑菌の繁殖をおさえるために、なるべく早く乾かしましょう。
  3. ヘアカラーを、かゆみが落ち着くまで、頭皮に着けないマニキュアに替えてみる。
  4. 湿疹などが出ていれば皮膚科を受診してみる。

スポンサード リンク