アトピー性皮膚炎を2ヶ月で治す方法

子供のアトピー性皮膚炎

 

我が家は3人の男の子がいるのですが、長男(現在中三)と三男(小二)がアトピー性皮膚炎です。


子供のアトピーは親が治してあげるしかありません。


諦めないで、気長に治してあげてください。

 

長男がアトピーとわかった時にいろいろな方法を試して、実際にアトピーが落ち着いた方法をわかりやすく紹介していきますので、参考になさってみてください。

 

1、簡単に説明すると、飲み薬でかゆみをとってかかないようにする。

 

2、かゆみがない状態で、ステロイドで肌を綺麗にする。

 

3、ステロイド濃度を薄くして、徐々に抜いていく。

 

この方法は、ステロイド(レベル2まで)も使用します。

 

どうしても、ステロイドは使いたくないという方には、向きませんのでご了承ください。

 

病院の協力も大変重要です。


我が家の場合は、国立福岡病院に通いながら、お薬は平尾の寺沢病院(小児科)で出してもらっています。

 

スポンサード リンク

アトピー性皮膚炎とは


アトピー性皮膚炎の人の肌は普通の人より、皮膚が一枚うすいだけです。


なので、表皮を一枚作ってあげると考えてください。


スキンケアはお風呂あがりの10分が勝負です。


皮膚が乾燥する前10分で、全身のケアを終わらせることが大事です。


病院でもらうお薬

飲み薬

  • アタラックスP(かゆみ止め)
  • ジルテックドライシロップ

塗り薬

  • ヒルドイドローション
  • ロコイド(ステロイドレベル1)
  • リンデロンVG(ステロイドレベル2)
  • ヒルドイドクリーム+ロコイド(1:1) 
  • ヒルドイドクリーム+ロコイド(2:1) 
  • ヒルドイドクリーム+ロコイド(3:1) 
  • ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) 



薬局で買う物

johnsons BODY CARE(エクストラケア)

 

これはいろんな色がありますが、必ず黄色を使用してください。

他の色も試しましたが、サラサラすぎて保湿が足りなかったり、沁みたりします。

ドラッグストアでも500円ほどで買えます。


スポンサード リンク

子供の観察


いつも子供の皮膚の状態をよく観察しておいてください。


夜、ちゃんと眠れているか、寝ているときにかいていないか。


体が温かくなった時にかいていないか観察する。


普段のお手入れ

  • お風呂ではなるべく柔らかいタオルか、泡で体を洗います。(ゴシゴシ擦らない)
  • お風呂からあがり、バスタオルで包み水滴をとる。
  • エクストラケアを全身に塗る。(各500円玉くらいを両腕、右足、左足、おなか、背中に塗る)
  • 顔、首は一円玉くらい出し塗りこみます。

付けると白くなりますが、どんどん延ばしていくように塗りこんでいくと、シトサラになります。


少しでも、ザラザラしている所、ブツッとしているところにはヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗ります。


1、症状がひどい時のお手入れ(1週間続ける)


症状がひどい時(ずっとかいている、血が出ている)

  • 飲み薬を飲ませて、かゆみを取り、睡眠が取れる様にしてあげる。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • かいてカサブタ、かぶれの部分にリンデロンを塗る。
  • カサカサ(粉がふいてる所)の部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(1:1) を塗ります。

2、少し落ちついて着た時(1週間続ける)

  • 飲み薬は、飲み続けます。(睡眠が大事です。)
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分にロコイドを塗る。
  • カサカサの部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(2:1) を塗ります。


画像は膝の裏ですが、これくらいが、の状態です。


赤の部分にロコイド、青の部分にヒルドイドクリーム+ロコイド(2:1) を塗って下さい。

3、もう少し落ち着いてきたら(1週間続ける)

  • 飲み薬はまだ、飲み続けます。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(1:1) を塗る。
  • カサカサだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(3:1) を塗る。

4、そろそろ綺麗になってきたと思います(1週間続ける)

  • 飲み薬はまだ、飲み続けます。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(2:1) を塗る。
  • カサカサだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。


ここまでで4の状態です。


まだまだ、油断できない状態です。


赤の部分にヒルドイドクリーム+ロコイド(2:1) B、カサカサだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗ってください。



5、見た目もすっかり綺麗な肌になっていると思います。(1週間続ける)

  • 飲み薬は、まだ続けます。※見えない傷が表面に出てきています。この時かゆみが出て、かきむしる可能性があります。かきむしると2に逆戻りになりますので注意してください。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(3:1) を塗る
  • カサカサだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。

6、もうアトピーの肌には見えない程、綺麗になっていると思います。(1週間続ける)

  • 飲み薬はまだ飲み続けます。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。
  • カサカサだった部分は、何も塗らずに様子を見てください。(2、3日後にカサカサして来たら、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。)

7、あと、もう少しです。(2週間続ける)

  • 飲み薬はまだ飲み続けます。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • カサブタだった部分に、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。
  • カサカサだった部分は何も塗らず、様子を見る。

8、ほぼ綺麗な状態(1週間ほど続ける)

  • 飲み薬はまだ飲み続ける。
  • ヒルドイドローションを全身に塗る。
  • 全体に様子を見ます。(カサカサがちょっとでも気になる所には、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。)

毎日のスキンケア(ここまで2ヶ月)

ここまでこれたら、あとは、毎日のスキンケアです。

  • 飲み薬はジルテックドライシロップだけ飲みます。
  • ヒルドイドローションかjohnsons BODY CARE(エクストラケア)を全身に塗ります。(カサカサがちょっとでも気になる所には、ヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗る。)


日ごろの注意点

  1. 皮膚は綺麗になっても、アトピー性皮膚炎です。アレルギーを抑えるのみ薬(ジルテックドライシロップ)は飲み続けた方がいいようです。
  2. ステロイドは表面を綺麗にしてくれる薬です。そのため中に傷が残っていて、その傷が表面に出てきたときにかゆみが出て、かきむしったりしてしまいます。その見えない傷がなくなるまでに約1ヵ月かかり、アトピー性皮膚炎の人は傷を治すのに、約2ヵ月かかります。
  3. さわってて皮膚が硬いところは、見えない傷があると思ってください。その場合はすぐにヒルドイドクリーム+ロコイド(4:1) を塗ってください。
  4. アトピー性皮膚炎は一生付き合っていくことになります。あんまり悩まず、気長にケアして行きましょう。
  5. 子供がかいても叱らないでください。かゆいのは我慢できません。

その他気づいたこと

  • 長男はヨーグルトを毎日食べると肌の調子がいいようです。おそらく胃腸の調子も肌に影響すると思われます。
  • ホホバオイル配合の石鹸は効果的でした。
  • シャンプーは当店でも紹介しているアミノ酸系シャンプーを使うとフケも止まりました。
  • 学校で運動会の練習の季節は肌の調子が悪くなります。
  • 冬は耳の下の付け根が切れる。
  • 最近発売されたグリーンポットと言うユーグレナのサプリもいいようです。サプリを飲み始めた長男が肌の調子がよく、かゆみがないと言ってました。

この記事がお役に立ちましたら、いいね!ツイートをお願いいたします。

 

この記事に対する、ご意見、ご質問は下のコメント欄よりお気軽にお寄せください。

グリーンポット
グリーンポット(ユーグレナサプリ)
diva ティートリコ
diva ティートリコ

メモ: * は入力必須項目です

スポンサード リンク